プリント加工の種類

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品ステータスから選ぶ
商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

オリジナル・オーダーメードトートバッグはこちら
書体見本
シルクプリント色見本 データ作成と入稿について

弊社姉妹サイト

オリジナルTシャツならこちら! オリジナルシャツ、キャップ、エプロン、各種グッズならこちら
お問合せ電話窓口
0465-60-0332
お電話でのお問い合せの際は『トートバッグの件』とお伝えのうえ、ご用件をお申し付け下さい。

プリント加工の種類

トートバッグへの加工方法を決める
トートバッグへのプリント・刺繍・デジタル転写など商品にあった加工方法をお決めください。
お客様のご希望イメージにあった仕上がりを各加工方法からお選びいただけます。
※商品(トートバッグの生地、デザイン、縫製等)ごとに対応できる加工法が異なります。
トートバッグへの加工種類 ①シルクスクリーンプリント
プロ仕様の美しい仕上がりです。
一般的にプリントされている方法で、1色毎に版を制作して商品に直接プリントする印刷の事です。

2色プリント加工例

2色プリント加工例

一色プリント加工例

1色プリント加工例

特 徴
●色あせが起こりにくく、洗濯後の耐久性があります。
●インクの種類が豊富にありますので、特殊なプリント(発泡やラメ等)の様々な表現が可能です。
●濃色のボディに沈みがちな薄い色も発色良くプリントする事ができます。
●プリントする色ごとにそれぞれ専用の版(分版)が必要です。
※1色毎の印刷となりますので、基本的にグラデーションの印刷には対応不可となります。

プリント工場でのトートバッグへの加工作業
一般的にプリントされている方法で、1色毎に版を制作してTシャツ等に直接プリントする印刷の事です。

シルク版拡大画像

クリックして拡大

製版をしたシルクプリント版
◆右の写真は製版したシルク版の拡大画像です。
色のついている部分(青っぽい部分)が膜でインクを通さない箇所、また白っぽい部分がインクの通る箇所で、よく見ると繊維が格子状になっているのが見て取れます。
製版をしたシルク版の図解(拡大)

細かい網点や細線等が難しい理由(拡大)
◆版下のイラストなどで細い線、細かい点などを使用した場合、下図のようにインクの通り道にシルク版メッシュの糸が重なった場所ではインクが通過出来ないので途切れたりカスレたりします。またインクの粘性から、通過できない細かさの場合もカスレや途切れの原因となります。
逆に細かい網点などがそれより粗いメッシュの穴(孔)に複数まとまるとインクが通過する際ダマとなり生地上で1つの潰れた点やベタになる事があります。
(下図は細かい図柄のカスレ等の原因をデフォルメしています。)
トートバッグへの加工種類 ②転写プリント
色数の制限がないのでフルカラー表現に最適です。
生地に直接プリントせず、一旦他の紙(転写紙)やフィルム(転写フィルム)に印刷して熱圧着する方法です。写真などの表現に適しています。
フルカラー転写シート部アップ

フルカラー転写シート部アップ

フルカラー転写プリント加工例

フルカラー転写プリント加工例

フルカラー転写プリント加工例

濃色転写加工例


トートバッグへの加工種類 ③刺繍
刺繍加工例

刺繍加工例

独特の立体感、高級感があります。
種々の糸を用い、布地の表面に絵や模様を縫い表します。
直接刺繍により、高級感のある表現ができます。
また、ワッペンタイプにする事で立体感が得られ、直接刺繍が難しい位置へも加工が可能になります。



トートバッグへの加工種類 ④ラインストーン
宝石のようにキラキラしたデコ素材です。
宝石のように片面がカットされた立体素材(ラインストーン)を熱圧着で素材に貼り付ける加工の事です。
プリントや刺繍と組み合わせて、ワンポイントにラインストーンを使うデザインも可能です。


トートバッグへのラインストーンの加工手順
専用のソフト、作成機を使い、デザイン毎に型を制作し、配置したシートを必要枚数作成し熱圧着で商品に貼り付けます。
ラインストーン加工例

ラインストーン加工例

ラインストーン作業手順


カレンダー

2017年9月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※赤字は休業日です

トートバッグ屋を運営しているケイツープリントの社内風景です ご注文を頂いてからデザイン確認版下送付までの流れ シルクプリントの作業風景です